まいど! 赤衛門です(^^)/

昨日今日と若干、朝晩が涼しく感じられてきました。
秋がもうすぐそこまできているんでしょうねぇ(^^)
しかし、日中はまだまだ暑い!!
冷たいものばかり飲んでいるものですからおなかの調子が下り傾向です。体調管理にはまだ気が抜けそうにありませんねぇ。

さて、先日こんな会話がありました。

「あの、すみません、そこのタイラップ取ってくれませんか?」
「は?タイラップ?」
「結束バンドっていうんですか、そ、それです。」
「おいおい、電気屋ではこれはインシュロックって言うんだ!」
「インシュロック・・・、ですか。」

結束バンド
はい、これです、今回のテーマはこの結束バンドの呼び方の違いについて、です。
いろいろとその場所、職業によって言い方があるそうで。
ところで、皆さんはいわゆる結束バンドをどのように呼んでらっしゃいますか?
タイラップ、インシュロック、ケーブルタイ、ナイロンタイなど呼び方はいろいろありますし、その用途によって使われる場所なども様々。わたくし的には車・ バイク関係で言われている「タイラップ」という呼び方をよく使ってました。タイラップってトーマスアンドベッツ社の商標だそうで、インシュロックもヘラマンタイトン社の商標だそうです。(全く知らなかったです(^^ゞ)
普段、何気なく使っている言葉にも、そこかしこの特徴だったり仕様だったりで使い分けされているもんなんだなぁと。ということは、そのものに対する言葉を聞いてどの職種、どの地域、場所なんてのも大まかには特定されてしまうんでしょうね!
インシュロックという言葉を使えば『おや、電気関係の仕事かな?』とか。方言も似たようなもんですか。原チャリ(原動機付き自転車)も名古屋近郊では『ごんた』と言うところもあるそうです。そんなこと言い出したら延々と話題が続きそうですね〜(^-^)

ある広島の人が東京で聞いた会話
「あ、ご飯よそってくれる?」
「装う?何着て着飾るの?」
「ご飯よそうでしょ?」
「だから、何を着るの?」
「いやいや、ご飯をおかわり」
「あ、ご飯つぐこと」
『ご飯注ぐ!』
「おぉ、ごはんつぐ」
「日本語的におかしいでしょ?」
「は???」

全く話がかみ合わなかったそうです。
どうもこれ、中国地方以西(?)方面の方が使うようで、「つぐ」=「よそう」、なんですね。ちなみに広島ではガソリンも「つぐ」、です(^^)
実際わたくしは高校出てから関西に18年居ましたのでいろいろと混ざってまして、純粋な広島弁はかえって分からない場合がありますし、いわゆる「赤衛門語(自称)」といわれる広島弁・関西弁が合成された言葉もありますので、どれがどこの方言って言う境目が無い状態です。それこそ書き出したらきりがない。また、こんなおもしろい話が出てきましたら、ちょこっと書いてみようと思っているわたくしでした(^^)/

あれ?今日は肩がこらないなぁ(^_^)v

おや、お後が宜しいようで。

ちゃんちゃんヽ(^0^)ノ