今を謳歌するAppleも決して平坦な道のりではなかった。
閉塞感の漂う今の時代だからこそ聞きたいスピーチです。

Stay hungry, stay foolish.