5月14日(金)東北プロオーディオスピーカー試聴会を終えた翌日、
山形市からシンセサイザー奏者 姫神のプライベートスタジオ「田瀬湖畔スタジオ」を訪ねるべく一路、岩手に向かいました。

天気予報では晴れ間が見えるとありましたが、あいにくの空模様。
それでも山形道を宮城県境にまで向かう間は山々に満開の山桜が見え、
少し得した気分です。

スタジオに到着したのは午後3時頃。
さすが、岩手!という冷え込みです。
快く出迎えてくださった姫神 星吉紀さん。

最近の姫神のブログでもコンサートで弊社製品エアーケーブル®を
お使いいただいている様子を紹介いただいております。

星さん曰く

「今回のライブ、凄かったですよ!エアーケーブル導入作戦、大成功です!」

「スタジオユースやシンセの電源には今までも使っていましたが、卓周りに導入してここまで変わるとは思いませんでした。ライブ会場で2〜3kHzのピークが気になることが多く、EQでカットしていたんですが、エアーケーブルに変えるとそのピークが現れないんです。仕込みに手間取っていた時間を他の事に振り向けることができる。当然、全体のクオリティーアップにも繋がります。低音の締まり具合、ハイエンドの伸び、空気感。これはスタジオで体験する以上の良さ。大音量で鳴らすライブの方が大きな影響があると確信しました。」

というコメントをいただきました。

ライブを観た関係者の方も「今回、何でこんなに音がいいの?」と星さんに聞かれたそうですが、星さんは「今回は卓周りにも全面的にエアーケーブルを導入したからですよ。」と答えられたそうです。その方はエンジニアやミュージシャンといった音楽・音響の専門職ではないのですが「それでも絶対に分かる位の音の良さ」(星さん談)だったとのこと。

こう言っていただくと製作者冥利に尽きます。

スタジオを訪ねた本題。スタジオの電源系のチェックを行いました。
過去に電源に起因するトラブルがあったとのことでトラブルシューティング的な意味も込めての調査でしたが、新築から時間を経ているため、新築当時の設計思想を踏まえつつ、改修のポイントをお話させていただきました。

現在、ProToolsのメインAD/DAとしてお使いのApogee AD8000にエアーケーブル®エクストリームはもはやなくてはならない存在だそうです。


さて、この日の晩の「宴」では岩手の海の幸、盛岡冷麺を大変美味しくいただきました。

翌日は平泉の観光大使でもある星さんに平泉を案内いただくという何とも贅沢な観光ツアー。半日という強行軍でしたが毛越寺、中尊寺と平泉の代表的な場所を案内いただきました。

毛越寺浄土庭園
日本庭園の基礎とも言われる毛越寺の浄土庭園。

中尊寺金色堂
平泉と言えばここ。中尊寺金色堂。写真に写っているのは「覆堂」この中に金色堂が納められています。残念ながら中は撮影禁止。

岩手と言えば・・・
わんこ蕎麦
お昼はわんこ蕎麦をいただきました。

午後1時過ぎに平泉を出発し、広島に着いたのは翌朝5時。車窓の景色を楽しみながらの帰路となりました。

会津磐梯山
車窓から見えた会津 磐梯山。

雪の残る飯豊連峰
磐越道 会津坂下IC付近から見えた飯豊連峰の山々。

思い出多き東北路でした。

星さん、ありがとうございました。