去る12月2日。大型受注を頂戴したエアーケーブル プレステージ・カスタム納品のため一路、東京へ。
実は製造が追いつかず、出荷最終時刻を過ぎてしまったために自分達で東京まで走ったというのが実情(苦笑)

道中、景色が良かったので以下、道中記です。

名神高速道路 大津サービスエリア
早朝、休憩のため立ち寄った名神高速道路 大津サービスエリア。

大津サービスエリアから比叡山方向の望む
大津サービスエリアから比叡山方向の望む

小牧JCT手前
小牧JCTから東名ではなく中央道を目指します。

小牧東手前
周囲の山は色づき、辺りはすっかり晩秋の様相。

土岐から南アルプスを望む
土岐JCTを過ぎた辺りから遠くに薄すら見えてくる南アルプスの山々。

中津川から御嶽山を望む
中津川IC辺りから見ることのできる木曽 御嶽山。私も若かりし頃、登ったことのある山です。

中津川ICを過ぎ、高速道路の中で4番目の長さを誇る恵那山トンネルを抜けると眼前に南アルプスの山並みが広がります。
南アルプス


中央道左手に見える中央アルプス、木曽駒ヶ岳の山容。
木曽駒ヶ岳


歩を進め、諏訪湖サービスエリアへ

諏訪湖SAから諏訪湖を望む
諏訪湖SAから対岸の下諏訪方向を望む。

東には八ヶ岳連峰の雄姿が。
諏訪湖SAから八ヶ岳連峰を望む


非常に風光明媚な中央道を経由し、都内の納品先へ。

具体的な本数は申しませんが、2mの特注品を含め、納入したのは相当な本数。プレステージ・カスタムをえらくお気に入りいただいたようで、作った側としてもご評価いただけたことは感謝です。

帰路もまた中央道経由。

何故、中央道か?と言うとトラックの走行台数が東名に比べ、圧倒的に少ないこと。大型車にリミッター取付が義務づけられて以降、90km/h前後で追い越し車線を走るトラックに悩まされたドライバーも多いかと思います。(見方を変えれば、着時間厳守、速度超過禁止、少ない睡眠時間を課せられるトラック・ドライバーの気持ちも分からないではないですが・・・)
東名経由より30km長くなるとは言え、走るペースが維持できるのは気分的にも大きな違いです。

首都高調布方面へ
首都高から中央道へ向かう途中、空が綺麗だったので撮った一枚。

強行軍でしたが、アルプスの山並みや秋の空に癒される思いでした。