AIR4(仮称)は3種類のプロトタイプを投入し、皆様方に評価いただきました。

プラグの仕様により
  • 無メッキバージョン
  • ロジウムメッキバージョン
  • ベリリウム銅パラジウムメッキバージョン
この中で最も評価が高かったのが無メッキバージョン。

「メッキバージョンも捨て難いけど、やっぱり、無メッキ版の方が音がいいよね。」という声が多く寄せられました。

そこで、皆様の声にお応えして、AIR4製品版無メッキプラグで登場します。