長らくお待たせしました。
ブレーカー比較・解析をアップしました。
PAZのグラフで見る限りでは、どれも差異は少ないように見える。
オーディオ誌で酷評された製品が遜色ない実力であったり、
高級超低温処理を施した製品が値段の差ほど振るわなかったりと、
興味深い結果となりました。

アナライザー自体の精度の問題もあり、もう少し突き詰めたいと
思います。

次はdCSをProToolsのインターフェイスに使ったテストを
公開していきたいと思います。