DAWユーザーには"Dual Opteron"で馴染みの深いAMDから
QUAD FXプラットフォームが発表された。
同様の構成はOpteron2xxでも可能なのだが、Unbufferedメモリーが
使えるという点が興味深い。Intel XeonでもRegisteredが要求される。
この構成であるMacProのメモリー増強には相応の費用が掛かってしまう。

QuadCoreという点ではIntelの後塵を拝したAMDだが、キャッチアップ
していくための布石がQUAD FXではなかろうか。
来年登場予定の"QuadCore Athlon"にも対応することから、
比較的安価に8コア構成が可能になる。
自作派には魅力的な選択肢となるかもしれない。

MacProは非常に良く出来た製品だと思う。
しかし、メモリーの拡張次第でかなりの額になってしまう。
Unbuffered DIMMが使えるQUAD FXは最新の技術を手の届く所まで
運んでくれそうである。(MacにAMDは搭らないだろうけど)

NativeユーザーもDSP搭載機と遜色なくミックスできるというのが
当然という時代かもしれない。
もうすぐ8コアですよ。

詳しくはITmediaの記事