奥津電工Blog

ひょんなことから、某著名レコーディングエンジニアと知り合い、深遠なオーディオの世界に
足を踏み入れてしまいまった元電気工事屋です。 AirCable / エアーケーブルの製造を手がけております。

EOS60D

    CanonからEOS 60Dが発表されましたね。

    EOS 5D MarkIIを使い始めるまでは50Dを使っていたんですが、キャノンのこのクラスのデジタル一眼レフは侮れません。暫く遠ざかっていた写真撮影を楽しむことができたのも、このカメラのおかげです。
    (ニコン派の方にも言い分はあるでしょうが、私は最初に使い始めたのがEOS 5だったというだけで、そのままキャノン派です。)

    5D MarkIIで搭載されたEOS MOVIEは動画撮影のあり方をも変える画期的な機能で、その後に登場したEOS 7Dにおいても動画撮影機能のブラッシュアップがなされてきました。しかし、動画を撮り始めてみると本体裏面に固定された液晶モニターは「写真向け」のもの。例えば、低いアングルから被写体を狙いたい時、床、地面に這わなければ画面を覗き込めない(・・・こともない。ただ覗き込みにくい)などといったように、必ずしも使い勝手のいいものではありませんでした。

    60DではEOSシリーズ初となるバリアングル液晶モニターが搭載され、動画撮影だけでなく、写真のライブビュー撮影でも威力を発揮するでしょう。

    マクロ撮影などシャッター自身の振動による僅かなブレも許されないような場面ではライブビュー撮影の自由度が上がるのは歓迎すべきことです。また、雑踏の中から頭上に手を伸ばし、勘で被写体を狙っていたカメラマンにとっても確実性の上がる道具になるかもしれません(ただ、雑踏の中ではバリアングル液晶のヒンジが破損するかもしれませんが)

    EOS MOVIEで映像の世界の常識をも変えてしまう「イノベーション」を起こしましたが、今後も「あったらいいな」という機能を充実させた、より良い製品を期待したいところです。

    そのうちEOS 5D MarkIIIが出るんだろうな・・・
    連写性能を気にし始めたらNikon D700かEOS 1D系か・・・

    1億2000万画素APS-HサイズCMOSセンサー

      キヤノン、1億2000万画素CMOSセンサー開発 APS-Hサイズ - ITmedia News via kwout

       


      APS-Hとなると自ずとEOS–1D Mark IVになりますが、この画素数のCMOSセンサーが実機に搭載されるのは何年も先のことでしょう。

      このところフルHD動画が撮影できる「ビデオ」としても機能し、ぼけ味など、一眼レフ特有の表現力や手軽さから映像制作の現場でもDSLR(Digital Single Lens Reflex=デジタル一眼カメラ)呼ばれ、急速に普及しているようですが、元々は静止画、写真を撮るための「カメラ」。(写真を撮るカメラは「スチルカメラ」と呼んで区別しますが)動画を扱うときには少々悩むこともあります。

      例えばズーム。
      写真を撮る時には非常に扱いやすいズームレンズも動画を撮影しながらズームインしていくと非常にぎこちない画になってしまいます。(当たり前ですが)シネレンズ装着するためのレンズマウントもあるようですが、「一眼レフで手軽に動画撮影」という点からは非常に敷居が高いといったところです。

      その点、ビデオカメラは廉価な民生機でも非常にスムーズにズームイン・アウトができます。(これも当たり前ですが)

      もし、センサーの画素数、解像度が今回発表されたCMOSセンサーのように今よりずっと大きなものなら、一眼レフ用のレンズを生かしつつ、引き気味の画を撮っておいて後からFinal Cut Studio上でズーム。なんていうことが、より現実的になるのかと思ったりします。

      でも、一眼レフにマウント可能な動画撮影用レンズが出てもおかしくないですよね。(もう出ているんだろうか?)

      しかし、それ以上にRed Oneカメラのような4k動画が手軽に撮影できるようになるのでは?という点でも興味をそそられますね。

      な、なんと、HMV渋谷閉店。

        まいど! 赤衛門です(^^)/

        いやぁ〜〜〜、びっくりしましたねぇ〜\(◎o◎)/
        時代の移ろいを感じる出来事でした。

        1990年国内第1号店としてオープンした
        HMVフラッグシップストア・HMV渋谷店が
        22日に閉店。20年間の歴史に幕を下ろしました。
        わたくしもどちらかと言いますとレコードより
        いや、完全にCDの世代。HMVやタワーレコードといった
        CD販売店にはお世話になったものの一人。
        たしかに最近はほとんどCDを買うことがなかった。
        携帯の着うたの配信くらいからでしょうか、
        インターネットの普及などによりダウンロードで
        手軽に気に入った音楽がすぐに手に入る。
        ラジカセやコンポなども家にない時代になってますよね。
        (我が家にもありません。PCとiPhoneがあるのみ。)

        hmv_image
        (MNS産経ニュース参照)
        続きを読む

        ツーリングルート紀行1 広島芸北オークガーデン〜温井ダム2

          まいど! 赤衛門です(^^)/

          いやぁ〜〜〜
          お暑うございますなぁ。(^^ゞ
          「暑さ寒さも彼岸まで」なんてこといわれますが、
          最近はそうもいかないようで。
          熱中症で倒れられる方が続出してるって話が
          毎日毎日、ニュースで流れていて、
          「あぁ、世も末!」と僻んでばかりもいられません。
          ちゃん!

          山に向かって走って涼を得ようというんで、
          愛車のデイトナ675で芸州広島は芸北オークガーデンへと
          足を伸ばし、店先でアイスクリームを食べております。

          「いやぁ〜〜、こりゃ、うまい!」
          「ほんま、こりゃ、うまいで」
          「お、そろそろ、でかけよか」
          「おい、喜ぃ公。喰うもん喰うて、飲むもん飲んだか」
          「ん、ん、ちょ、ちょっと、待ってや」
          「はよせんかい」
          「そない、あせらせなや、清やん」
          「はよ喰わんかい、ほれ!ほれ!」
          「あ、あかん!うわっ!やめ、やめてや」
          「ほい、ほい!はよ!はよ!」
          「あ、はぐ!!!」
          「ん?」
          「歯が痛い〜〜〜!」
          「じゃかましぃ!はよ喰え!」

          わいわいやっとります(^^ゞ

          さて、次の目的地「温井ダム」
          map2
          続きを読む

          ツーリングルート紀行1 広島芸北オークガーデン〜温井ダム

            まいど! 赤衛門です(^^)/

            前回行きましたツーリングの道が
            とても良かったので、またまた行ってきました!

            この日もいい天気!!
            はっきり言って暑くてヘルメットは
            被ってられないくらいです〜(>y<;)
            停車中は汗がだらだら出てたまりませんが、
            走り出せば汗も引きいい感じになってきます!

            さぁ、出発!

            まずは広島の道の駅の一つ、豊平どんぐり村へ!
            豊平どんぐり村からの気持ちいいツーリングルートはこちら!

            map1

            どんぐり村で集合して、入ってきた道に向かうと
            まっすぐ抜ける道があります!(なんとか?農道)
            緩やかに登りの道がそれです。(そこそこ新しい道)
            突き当たりを左、県道313号を突き当たりまで。
            続きを読む

            HD OMNI 〜 ProTools HD 用の新インターフェイス

              AVIDからProTools HD用の新インターフェイスのうちHD I/Oについて前回触れてみましたが、今リリースにおいて最も注目すべきインターフェイスである HD OMNI について今回は触れてみたいと思います。

              AVID_HDOMNI
              HD OMNI

              HD OMNIは高解像度・高品位マイクプリアンプ/DIを搭載し7.1chのサラウンド出力をも構成できるオール・イン・ワンのインターフェイスです。

              マイクプリアンプ/DIを搭載したアナログ入力セクションが象徴するように作曲家/編曲家のプライベート・スタジオやポストプロダクション・スタジオなどをターゲットにした製品と言えるでしょうが、これまでProTools HDのセグメントでHD OMNIのような製品は存在しませんでした。

              オール・イン・ワンのI/Oというと、どちらかと言えばホームユーザー向けの製品を想像しがちですが、そこはProTools HD用のインターフェイス。HD OMNIはProTools HDのインターフェイスにふさわしいスペックに仕上げられているようです。

              まずはAVIDによる新インターフェイスのイントロダクション・ムービーをご覧ください(英語版)


              続きを読む

              AirCable EXTREME 作成見学記。

                まいど! 赤衛門です(^^)/

                AirCable EXTREMEの注文が入り、
                エアーケーブル エクストリーム
                今回最初から最後まで見学することができました!
                (以前は途中からだったり、 完成していたりで見ること叶わず。)

                まず何をするのか?

                ケーブルを選定します!
                かなり厳しい目でケーブルの隅々までにらめっこ!
                ひねくり回して、これでもか!というくらい厳選したうえで
                使用するケーブルを数ある製品ロットの中から決めます!
                (これ、結構時間かけてます、はい。)
                続きを読む

                速報!AVIDからProTools HD用の新インターフェイスが登場!

                  AVIDからProTools HD用の新インターフェイスHD I/OHD MADIHD OMNIそしてリファインされたSYNC HD、PREがリリースされました。

                  AVID_HDIO
                  HD I/O

                  外見からも分かるように従来製品である192 I/Oのポジションを継承する製品のようです。外観上は筐体のカラーリング、そしてAVIDのロゴが目を引きますが、これまで「192」などの製品名が入れられていた箇所にAVIDロゴを配すあたりDigidesignブランドからAVIDブランドへの統合が象徴的に表れている部分です。

                  機能面に目を移していくと、筐体上に設けられた4箇所のベイにアナログまたはデジタルの入出力カードを挿し、入出力を構成する点は192 I/Oの特徴をそのまま継承した仕様と言えますが、まず注目すべはHD I/O 単体で16In/16Outのアナログ入出力を構成できるようになった点でしょう。
                  続きを読む

                  最大12コア搭載のMac Proが登場(3)〜改めてマルチコアを考える(1)

                    8月10日から販売が開始された新Mac Pro



                    久々のアップデートに「ようやく」と感じる方も多いのではないでしょうか。

                    今回のアップデートの最大の目玉は何と言っても6コア"Westmere" Xeon × 2、つまり最大12コアのCPUを搭載できるという点でしょう。しかしながら、「コアが増えてメリットはあるのか?」という疑問はMacProに限らず常に付きまといます。そこで、マルチコアについて掘り下げてみたいと思います。

                    ここ最近、デスクトップPCの上位機種やワークステーションではクアッドコア、 6コアCPUを搭載しているのが現在の流れだと思いますが、こうした2個以上の複数のコアを搭載したCPUが一般向けに登場する以前(2004年 頃)を振り返ってみると「CPUの性能はクロックで決まる」と言われてはいなかったでしょうか。まず今回はその辺りからの歴史を紐解いていきましょう。

                    ギガヘルツ競争と呼ばれた程、2004 年頃までは年を追うごとにCPUの動作周波数は上昇し、プログラムの処理速度も高速化していきました。しかし、CPUのクロックをさらに上げ性能を向上させようとしたCPUベンダーの前に立ちはだかったのがCPUの動作周波数を上げることによって発生する発熱による熱問題、そして増大していく消費電力の問題でした。

                    この問題が顕著に現れ始めたのは"Prescott"と呼ばれた世代のIntel Pentium4プロセッサーが登場した頃。このままCPUのクロックを上昇させ続ければ、やがて太陽の表面温度に達すると言われた程、問題は深刻で、高クロック化を諦めざるを得なかったのはどのCPUベンダーでも共通することです※
                    続きを読む

                    Jabra CRIPPERのつづき。

                      まいど! 赤衛門です(^^)/

                      昨日のJabra CLIPPERをヘルメットに装着時の様子をUPします。

                      これだ、1,2,3!φ(.. )

                      helmet2
                        MYヘルメット SHOEI XR1100 と 我が家の畳。きゃ(/\)

                      続きを読む

                      Jabra CRIPPER買っちゃいました!(^^)!

                        まいど! 赤衛門です!

                        突然ですが、わたくし、iPhoneをもっております。
                        今じゃ、何も珍しくないですが、
                        初代iPhone発売当日、
                        東京近辺じゃ前の日から並んでるという日に
                        兵庫県尼崎市のとあるニトリの携帯ショップ店では
                        白の16GBが目の前に!!ありえない!!!
                        おもいっきり!衝動買い!!
                        今に至ります(^^)/
                        当時は飲み屋でもいいネタの一つでした。

                        iPhoneの悩みのひとつに「音」があります。
                        実際、お持ちの方は、その他の機能に比べて「音」の質に低さに
                        「なんじゃぁ、こりゃぁぁ〜〜」とジーパン刑事ばりのセリフを
                        口に出したこともあるのではありませんでしょうか?(ないない)
                        ま、それについては今後、
                        仕事面でいろいろと探ってみたいと思っております。

                        さて、今回、Bluetooth接続のJabra CLIPPERを購入しました。

                        これはもちろん、バイクに乗っていても電話もとれて、
                        なおかつ!
                        音楽が「しっかり」と聴けるものという思いからでした。
                        音楽も電話もというものは今まで無かったもので、
                        わたくしにとっては画期的な、
                        今、一番ほしい物だったのです!!
                        (ツーリングにはもってこいです(^^)/)
                        続きを読む

                        はじめまして!

                          奥津電工Blogをご覧の皆様、はじめまして。

                          この4月から入社しました、奥津屋 赤衛門(アカエモン)と申します。
                            {なんだその名前は? ですよねぇ。実は
                               某関西 大学(なにが某?)の落研に所属しておりまして、
                                     (↑の、を入れてお読みください...)
                               屋号は遠慮して、その当時の通り名が赤衛門。
                               と、いうわけでして。}
                          今後、ブログにもちょこちょこ書いていく予定ですので
                          よろしくお願いいたします<(_ _)>
                          以後、お見知りおき下さいませ!ヽ(^0^)ノ

                          では、軽く自己紹介をば。

                          1972年6月3日生、双子座のA型♂。
                          おきまりのバツイチ、こぶなし、彼女なし(。^。)コケ!
                          最近はバイクにはまってます(いまさらながら)

                          この間、鳥取県の大山へ一泊二日のツーリングに行きました。

                          以下は、そのスナップショット。

                          mountbell

                            バックは大山麓の登山用具専門店。

                          続きを読む

                          8月6日

                            8月6日という日は広島に住む者にとって特別な意味を持つ日です。

                            2010_8_6_Hiroshima

                            ちょうど、この写真の中心が爆心地方向。

                            65年前に起こった出来事を想像することが難しいほど、暑く晴れ渡った穏やかな一日でした。

                            最大12コア搭載のMac Proが登場(2)

                              次に注目するのはGPU。標準でATI Radeon HD 5770が搭載され、BTOでATI Radeon HD 5870が搭載可能になるなど全体的な底上げも図られています。6コアのXeonが登場してから今回のモデルチェンジまで生じたタイムラグはここ数年で最も大きかったのではと思える程で、モデルチェンジの度にGPUを刷新するMac Proにとっても新世代GPU登場にも影響した形です。MacはWindows機に比べ最新GPUへの対応が遅いと言われますが、一応は追いついた(?)というところでしょうか。

                              しかしながら、Mac Proの立ち位置はあくまでワークステーション。やはり、ワークステーション・グラフィック、特にNVIDIA Quadroの対応は気になるところ。

                              コンシューマー・グラフィックでは、ここのところATI Radeonに押され気味だったNVIDIAがFermi世代のGPUで反転攻勢をかけてきました。そこへ満を持して登場してきたQuadro Fermi。Windows版、Mac版ともに未だ製品情報の記述がありませんが、先に登場したコンシューマー向けのGeForce GTX 480の実績を見る限り期待は持てそうです。

                              まずは各ソフトウェアベンダーの対応状況を確認の上。というところでしょうか。

                              最大12コア搭載のMac Proが登場(1)

                                7月27日(現地時間)、Appleから最大12コアを搭載可能なMac Proの新世代モデルが発表されました。

                                まず注目すべきは32nmプロセスルールで製造されるWestmere世代のIntel  Xeonプロセッサーが採用され、BTOオプションで用意されている6コアのXeonプロセッサーを搭載することで2-wayモデル(Apple Storeでの呼称は8コアモデル)ではHyper-Threadingテクノロジにより最大24スレッドの同時実行を可能となります。

                                1-wayモデルでは基本周波数3.33GHz、ターボ・ブースト時3.6GHzで1CPU用6コアXeonでは最高速となるXeon W3680を搭載することが可能ですが、2-wayモデルでは2-way用6コアXeonの最高速モデルであるX5680ではなく、1ランク下となる基本周波数2.93GHz、ターボブースト時3.33GHzのXeon X5670を搭載可能となっています。

                                2-wayモデルにおいて最高速のCPUを搭載しないという点はNehalem世代のXeonプロセッサーを搭載したMac Proの前モデル同様、消費電力の増大、廃熱の処理によるコストアップを回避した結果だと思われます。

                                8コア、12コアといったモデルを選択するユーザーの多くは少しでも早くレンダリングを終わらせたい映像分野などヘビーユーザーでしょうから、競合するHP Z800と比較すると若干見劣りする感は否めません。やはりProを謳うなら、たとえ専用クーラー、専用ヒートシンクなどでコストアップに繋がったとしても2CPUモデルでもX5680を搭載してもらいたかったところです。(かつてPower Mac G5では水冷クーラーが搭載された実績もあり不可能ではないでしょう)

                                とは言え、Final Cut Proユーザーには第一選択肢であることに変わりはないでしょう。
                                Categories
                                • ライブドアブログ