奥津電工Blog

ひょんなことから、某著名レコーディングエンジニアと知り合い、深遠なオーディオの世界に
足を踏み入れてしまいまった元電気工事屋です。 AirCable / エアーケーブルの製造を手がけております。

ProTools9

    ここ2ヶ月程、体調を壊し休養していた間、最大のニュースと言えば、何と言ってもAVID ProTools9の登場でしょう。

    ProTools9

    ProTools9からはProTools HD以外では専用のハードを用いずとも動作可能になったという点が最もエポックメイキングな出来事ではないでしょうか。

    AVID純正のLEインターフェイスであるMbox、003、Eleven RackだけでなくWindows上のASIOドライバー、MacのCoreAudioに対応したオーディオインターフェイスであればProTools Softwareが起動するというのは「専用ハード上のみで動作」というクローズドな戦略を展開してきたDigidesign時代から見ても大きな方向性の転換と言えるでしょう。

    また、ユーザーサイドから見てもスタジオ業界標準となっているProTools HDとセッション互換性を保てるというのはかなり大きなメリットであることには違いなく、そこへAVIDが打って出たと考えるのが妥当ではないでしょうか。

    では、使う側の視点に立って各バージョンを見ていきたいと思います。

    ProTools Sofware 機能比較

    従来のようにHDとそれ以外という括りだけでなく、AVID純正のオーディオエンジンであるDAE以外を使う場合にも機能制限が加えられていることが、この表から読み解けます。ProTools9がお披露目となったAESの会場を訪ねた方とtwitterを通してリアルタイムでやり取りをしていたのですが、その方はYAMAHAの卓をメインで使うPAのエンジニアさん。YAMAHA製品との連携を前提にProToolsがASIOドライバーに対応されたことに期待されていたようですが、ASIO/CoreAudio対応では32chまで※という機能制限に落胆された様子でした。

    32chを超える同時録音トラック数が必要となるユーザーの殆どはプロユーザーでしょう。しかし、用途がその範囲内に収まるのであれば現在使用しているASIO / CoreAudio対応インターフェイスのホストDAWとしてProToolsを導入してみるのも良い選択でしょう。殊、AVID純正のDAEを使用する場合においてはこの制限は適用されず、Complete Production Toolkit 2を導入すれば
    ProTools HD 9同等の同時再生能力を機能拡張することも可能です。

    さてProTools HDに目を向けると10月にアナウンスされたProTools HD Nativeに注目しないわけにはいかないでしょう。
    cw_320x240_PTHDnative

    録音作業時に演奏者へ返すモニターのレイテンシー、ミキシングの際、複数トラックをバスにまとめ、そこにリバーブプラグインをインサートする場合などにはオーディオプロセッシング用の専用DSPを搭載するProTools HDが圧倒的に優位となりますが、映像に関わる音声の編集を行うポストプロダクションの業務などではこうした機能は特に重視されないケースが多いかと思われます。また、MA業務で活躍するレストレイション系のプラグイン類はネイティブ・プラグインが大半を占めます。こういった点からもHD Nativeの立ち位置が見えてくるのではないでしょうか。

    では真打ちのProTools HDの優位性が薄れてくるかと言えばさにあらず。ミキサーを含めて専用DSPで動作することは音楽制作業務において圧倒的に優位な点であることに変わりはありません。

    ProTools_HD3

    さらにProTools HD 9の発表に先立って発売されたHEATはミキサー自体が専用DSP上で動作することをフルに生かしたもの。SSLNeveに代表されるアナログ・オーディオの名機をシミュレートしたものは
    プラグインレベルで存在しましたが、HEATはミキサーごとプラグイン化してしまったと言っても過言ではない製品です。ただ、動作にはAVIDのライブサウンド用コンソールであるVENUE同様、大量のDSPのリソースが一度に消費されます。既にHEATの評価は各方面で高く評価されていますが、DSP消費量が難点という声もちらほらと。ただ、そこは業務の規模に応じてDSPを増強できるのがProTools HDの強みでもあります。

    そして、忘れてはならないのがProTools9からEuphonix EUCONプロトコルに正式対応したことです。AVIDがEuphonixを買収した時点でこの方向性は既定路線であったわけですが、それまではD-Control ESD-Command-ESICONシステム、C|24Command|8がProToolsを唯一フルコントロール可能な
    コントロールサーフィスとして旧Digidesign時代から位置づけられ、MIDI情報を利用したHUIプアロトコルを採用するサードパーティー製品はフェイダー解像度等において不利とされてきました。そういった中登場したEuphonix MC ControlMC MixはLogic、Cubaseなど他の主要DAWのみならずFinal Cut Proのコントロールにも対応するなどクローズドな戦略を取ってきたAVID/Digidesignとは対局に位置し、それまでHUIプロトコルに頼らざるを得なかったコントロールサーフィスからのブレイクスルーとも言える存在でした。パッケージングはCommand|8と重なる部分はありますがCommand|8は既に登場から時間が経過しているため、現時点の基準で考えると力不足な感は否めません。今やProTools純正となったMC Control、MC Mixは映像が絡んでくる場面で力を発揮することは間違いないでしょう。

    今やレコーディングスタジオ業界標準として不動の位置にあるProTools。
    先に発表されたHDインターフェイス、EUCONとともに総合力で次なる一歩を踏み出したという印象です。



    ※サードパーティーのオーディオインターフェイスについてはAVIDから正式な動作保証が行われない模様です。

    仕事復帰

      先月から体調を壊しブログの更新も滞っておりましたが、
      本日から徐々に仕事に復帰いたします。

      宜しくお願い致します。

      奥津哲雄

      Pro Tools|HD Native

        すでに各方面で伝えられていますが、11月中旬頃にAVIDからPro Tools|HD Nativeが発売されるとのことです。

        cw_320x240_PTHDnative


        オーディオプロセッシングのために専用DSPを用いるDAWの代名詞とも言えるProTools|HDにCPUのパワーのみでプロセッシングを行うNative版が登場するという第一報は瞬く間に広がり、改めてProTools|HDへの関心の高さを浮き彫りにする出来事であったと言えるでしょう。

        気になるProTools|HD Nativeのスペックですが、
        • 最大4台までのHDインターフェイスを接続し、64chまでの入出力をサポート
        • TDMプラグイン、HEATは非サポート
        という点以外はフルスペックのProTools|HD Softwareの機能がサポートされるというから驚きです。

        こうなってくるとTDM不要論が登場しても不思議ではありませんが、VENUEのように大量にDSPを占有するHEATは当然、DSPを搭載するHDシステムでしか稼働させることができませんし、バス送りでプラグインを使用するケースでは遅延補正だけでは対処できないケースも考えられます。

        また、Native DAWとなると必ずと言っていい程、ついて回るのがモニタリング時におけるレイテンシーの問題。この辺りも先日発表されたHD I/O、HD OMNIといった超低レイテンシーを誇る新しいHDインターフェイスとのコンビネーションにより実用レベルにまで高められていますが、インターフェイス経由のダイレクトモニタリングという点では他のNative DAWと大きな差はないようです。

        ProTools|HDがNativeという禁断領域に入ったとさえ思えましたが、細かく見ていけば現在においてもTDMの存在する理由を多く見いだすことができます。

        ただ、その辺りを割り切ることが出来れば、Pro Tools HD Native + HD OMNIという構成で¥630,000というのは魅力的に映るのではないでしょうか。

        Back to the Mac !

          Macお宝鑑定団によるとAppleが、10月20日に「Back to the Mac」と題したSpecialイベントを開催するとのこと。

          applemacevent_ars

          林檎マークから見える姿はライオン!

          先日のWWDCではMacの話題に全く触れられていなかったことから「Back to the Mac」と銘打たれているのでしょうが、ライオンの姿から次期OS、MacOSX 10.7のアナウンスを直感的に感じ取った方は多いのではないでしょうか。

          Cheetahに始まり、MacOSXのコードネームは伝統的にネコ科の猛獣の名が冠せられてきました。10.6からは正式名として併記されることとなりました。このコードネームに関して、10.6 Snow Leopardが登場するまでの間、一つの疑問、話題だったことがあります。「Lionはいつ登場するのか?」ということです。

          ネコ科の猛獣の頂点に君臨する、王者の名を冠するにふさわしいOSの登場はいつなのか?

          MacOSX 10.4 Tigerから始まった64bit化の地ならしもSnow Leopardでほぼ完遂し、先日登場したWestmere Mac Proからは64bitカーネル起動が標準になっています。(64bitカーネルに対応しないAVID ProToolsやMedia Composerなどでは32bitカーネルに切り替えて起動する必要があるようです)

          Snow Leopardで搭載された先進的な機能・・・GCD、OpenCLの真価が発揮されるのはディベロッパーの開発にかかる時間を考えても次期OSであるMacOSX 10.7から。

          そう考えてみるとMacOSX 10.7は並列化の壁、GPUの有効活用など多大なブレイクスルーをもたらすのでは?というのは期待しすぎでしょうか。

          いずれにしろ、Appleマークの隙間から垣間見えるライオンの姿、ついにAppleが百獣の王の名を冠したOSをリリースすることに大いなる期待を抱くところです。

          Jabra CRIPPER、その後。

            まいど! 赤衛門です(^^)/


            そういえば、Jabra CLIPPER、買われた方いらっしゃいますか?

            わたくしのJabra CLIPPERは最近の活躍場所もツーリングの時ですが、電池の持ちはかなりいい方だと思います。製品情報に書いてある『通話時間6時間、待ち受け8日間」は伊達じゃありません。ほとんど充電した記憶がない割には、音楽をしっかり聴くことができます。(買って、一度充電してから充電せずに、本日までまる1ヶ月、使用していない時はもちろん電源を切っていますが。)

            音質に関しては一応ステレオと謳っているので、悪くはありません。しかし、こと音楽好きには若干の期待外れ感は否めません。ただ、ツーリングに的を絞れば、好きな音楽を聴きながら、ツーリング先の景色に見とれ、電話の取りこぼしがない、というのは大きいです。(しかし、SoftBankですから電波的な問題が大きいですが・・・)
            続きを読む

            サイト表示の不具合



              また、弊社で確認したところ、Windows7 64bit + Internet Explorer 8 環境で弊社サイトが表示されないことが判明しております。

              上記環境においてはエンコーディングの問題で自動選択またはShift-JISでは画面上に何も表示されません。エンコーディングをUTF-8にしていただくことで問題なく表示されます。

              また、Windows上のFirefox、Mac上のSafari、Firefoxでは問題なく表示されます。

              こちらの問題も継続して対処いたしますので御了承ください。

              宜しくお願いいたします。

              最大12コア搭載のMac Proが登場(3)〜改めてマルチコアを考える(2)

                マルチコアの有用性

                マルチコアは有用なのか?

                増大し続ける発熱・消費電力の問題によりCPUの動作周波数を向上させることが困難になり、マルチコアという方向性を選択せざるを得なかったというのが前回までのお話でしたが、今回は「マルチコアの有効性」に焦点を当てたいと思います。

                現在、多くのパソコンで「クアッドコア搭載」などという宣伝文句を目にすることがあるかと思いますが、4コアあるから性能も4倍とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

                実はここに大きな落とし穴があります。
                デュアルコアなら2倍の性能、クアッドコアなら4倍の性能とはならないケースの方が多いのです。何故そうなるのか、打開策はあるのか。順を追って考えていきたいと思います。

                マルチコアを活用するには

                動作周波数を上昇させることによって成し遂げられたプログラムの高速化とは違い、複数のCPUコアを処理の高速化のために活用するにはプログラム自体が複数のCPUコアを活用できるように記述されなければなりません。プログラム処理を高速化のためにマルチコアを活用するにはプログラム内部で処理を分岐させ並行して演算をする必要がありますが、これが並列処理、マルチスレッドと呼ばれるものです。

                まずは比較のため、イメージしやすいマルチタスクについて考えてみたいと思います。

                複数のアプリケーションが起動している状態を考えてみてください。ブラウザーでWebを閲覧しながら音楽を再生させ、さらには他のアプリケーションを動作させるということが何の問題もなく行えますが、これはOSが提供するマルチタスク機能によるものです。WindowsのタスクマネージャーやMacOSXのアクティビティーモニターを開くとOSが提供するものを含め、複数のプロセスを確認することができると思います。言い換えればマルチプロセス。

                現在のWindows、MacOSXではごく普通の機能といった感のあるマルチタスクですが(正確にはプリエンプティブ・マルチタスク)、疑似マルチタスクであるWindows98や旧MacOSの頃は音楽を再生させながら別の作業というのは安定性の面からも考えにくかったことを記憶されている方も多いのではないでしょうか。最近ではマルチタスク機能を搭載したiOS4が登場して以降、有り難みを実感しているiPhoneユーザーも多いと思います。(11月リリースとされるiPad向けマルチタスクOSの登場が気になりますが)

                これに対して、前述したようにマルチスレッドはプロセス内部の話。Webブラウザーではブラウザーの操作とデータのダウンロードが並行して別のスレッドで行われていたり、Webサーバーでは接続毎にスレッドを割り振ることが可能となっているため、こういった並列化に適しているものはマルチコアの恩恵を受けやすいと言えます。

                では、そうではない物に高速化の恩恵があるのか。それを次の項で見ていきたいと思います。

                マルチコアの落とし穴

                アムダールの法則と並列化の度合い

                並列化が十分でないプロセスにおいて、マルチスレッドではメモリー上の同一アドレスを参照することになります。この時、別々のプロセッサーによって秩序なくメモリーの書き換えが行われてしまうとデータが破壊されてしまいます。それを防ぐために排他処理や同期処理といったものが行われますが、それらはパフォーマンスの低下に直結します。

                並列コンピューティングの世界では1967年にIBMのフェローだったジーン・アムダールによって提唱されたアムダールの法則が厳然として存在しています。アムダールの法則とは複数のプロセッサを使ったときに期待できる性能向上の度合いを推し量る法則。

                これを適用するとプログラムの中で並列化されていない部分が10%存在すると並列化による性能向上が半分に。半分しか並列化できていないとすると、いくらCPUコアを投入しても2コア時とほとんど性能が変わらないことが示されます。

                ではプログラム中の並列度を上げていけばいいではないかという話が当然出てきますが、(地球シミュレータは他に比べ並列度が極めて高いため得られた高性能とか)効率良く、開発に対しての負荷が少なく並列プログラミングを行うことは困難とされてきました。

                見回しても、現時点でマルチコアの恩恵を受けられるアプリケーションは少ないのではないでしょうか。アクティビティーモニターなどを観察していれば一目瞭然。

                Final Cut Proを使ったビデオのレンダリングでは8個のコアに対して均等に負荷が掛かっていますが、Motionのレンダリングでは1〜2個のコアだけがフル稼働といった様にアプリケーションによっても対応は異なります。

                自身が使うアプリケーションが十分に並列化された物であるか。これが現時点でマルチコアCPUを搭載したワークステーション / PCを選択するときに最も注意すべき点かと思います。さもなくば、使われないコアに無駄に投資するはめになってしまいます。

                では、12コア搭載のMac Proの位置づけはどうなるのか?それがMacの現行OS MacOSX 10.6 Snow Leopardと非常に密接に関わってくる事なのです。鍵になるのがSnow Leopardに搭載された新機能。GCD(Grand Central Dispatch)です。

                赤衛門のちょこっと聞きかじり! 〜結束バンドの呼び方〜

                  まいど! 赤衛門です(^^)/

                  昨日今日と若干、朝晩が涼しく感じられてきました。
                  秋がもうすぐそこまできているんでしょうねぇ(^^)
                  しかし、日中はまだまだ暑い!!
                  冷たいものばかり飲んでいるものですからおなかの調子が下り傾向です。体調管理にはまだ気が抜けそうにありませんねぇ。

                  さて、先日こんな会話がありました。

                  「あの、すみません、そこのタイラップ取ってくれませんか?」
                  「は?タイラップ?」
                  「結束バンドっていうんですか、そ、それです。」
                  「おいおい、電気屋ではこれはインシュロックって言うんだ!」
                  「インシュロック・・・、ですか。」

                  結束バンド
                  続きを読む

                  Pro Tools HD (1)

                    まいど! 赤衛門です(^^)/

                    hd3
                      (Pro Tools HD コア・システム Pro Tools HD3 Accel)

                    突然ですが、今回は趣向を変えて真面目に書かせて頂きます。
                    弊社にはPro Tools HDがあります。普通はありません。オーディオケーブルを製品化している会社、ましてや電気工事会社においては。
                    (本来、製品のいろいろな検証用として使われているのですが。)

                    Pro Tools HDだけでなくその他にも普通にお目にかかれない一品も多く、音楽好きには垂涎ものです。音楽に対する環境がとても揃っている、とてもありがたい会社です。弊社のPro Tools HDにはプラグインだけでもマルチチャンネル、マルチモノにそれぞれTDMRTASの2種類のフォーマットがあり、元々入っていたものと後付けのプラグインを合わせると、なんと、952種類ものプラグインが入っていました。そんなありがたい状況で何も発信しないのは宝の持ち腐れとなります。
                    そこで、ここでは奥深いPro Tools HDを今から始める方、知ってはいるが詳しくは知らない方を対象にできるだけわかりやすく説明し、ともに学んでいけたらと考えております。ですから、プロ、セミプロの方々には「今更何?」と思われることが多々あるかと思いますが温かい目で見て頂きまして、「Pro Tools HDとは何?」という方に、これから数回に分けてPro Tools HDについて掘り下げていきたいと思いますので、よろしくお付き合いのほどお願い致します。
                    続きを読む

                    スターリーテイルズ 星座は時をこえて

                      東北の地から音楽を発信しつづけるアーティスト 姫神が楽曲制作を担当している全周プラネタリウム番組スターリーテイルズ 星座は時をこえての予告編が公開されています。




                      制作はプラネタリウム番組として有名な銀河鉄道の夜KAGAYAスタジオ
                      ヴォーカルは「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」の主題歌などで知られるORIGA

                      公開は2011年だそうですが、予告編の完成度からも本編への期待度は否応にも高まります。

                      素晴らしい!

                      スティーブ・ジョブス伝説のスピーチ(2)




                        今を謳歌するAppleも決して平坦な道のりではなかった。
                        閉塞感の漂う今の時代だからこそ聞きたいスピーチです。

                        Stay hungry, stay foolish.

                        スティーブ・ジョブス伝説のスピーチ(1)

                          2005年、スタンフォード大学の卒業式での有名なスピーチ。




                          Appleの創業者、CEOとして何の説明も必要ないでしょう。
                          様々な伝説、人物評が語られているジョブスですが、
                          このスピーチには実に多くの示唆が含まれています。

                          愛車入院!部品到着まで2週間!?

                            まいど! 赤衛門です(^^)/

                            突然ですが、わたくしの愛車、デイトナ675が壊れました(T_T)アヒィー!
                            な、なんちゅうことが・・・・・・(×_×)
                            あの、こけたわけじゃ、ないんですよ、念のため。
                            朝、気持ちよく愛車で会社に向かっていると、まぁ、
                            信号に、引っかかります、当然ですが。
                            4速まで上げたバイクのギアを下げようとクラッチを切り、
                            左足を踏み込んだら、『あれ?軽っ、ん?』ギアが下がらない。
                            何度やっても結果は同じ。4速のまま信号で止まり、そこでも
                            一生懸命、ギアを落とすためにガチャガチャ、ガチャガチャと。
                            何の変化もないまま、信号が青に変わり・・・。
                            『マジっ!4速発進!!?』
                            やりましたよぉ〜4速発進(>_<)ゞ
                            動くもんですねぇ、必死にやれば。
                            その後も、ギアが下がったり下がらなかったり、しばらくすると
                            急に動きが良くなって、元に戻った。なんなんだろ?
                            仕事が終わって気分を入れ替えて跨がった愛車。
                            朝同様、気持ちよく走り出したはいいが、またまたギアが下がらず。
                            たまらなく、トライアンフ広島へ。

                            tori_hiroshima

                            続きを読む

                            ついにキター!AutoCAD for Mac!

                              弊社でもAutoCAD 2011を使っていますが、Autodesk社のAutoCADと言えば世界標準とも言える程の圧倒的なシェアを誇るCADアプリケーション。

                              長らくWindowsをプラットホームとしてきたAutoCADですが、今秋後半にMac版が18年ぶりに再登場するとのことです。

                              数年前からAutodeskはMac版AutoCADについての意見を広く一般から募っていたと記憶していますが、今春にはBeta版がリリースされるなど着々と準備は進んでいたようです。

                              動作条件はMacPro 4.1(Early2009)以降などとなっていますから初代MacProなどを使用されている方などは要注意・・・です。が、今回のリリースは北米とヨーロッパのみ。2バイト言語の日本語版は?など気になるところです。

                              そして、単にMac版が出るというだけでなく、何と!iPad、iPhone上で動作する無償アプリケーション

                              AutoCAD® WS mobile application

                              までもが登場するとのこと。

                              「AutoCADのために!」Windowsを使っていたという方はかなりの数に上るものと思われますが、AutoCAD for Macの日本語版がリリースされれば、また一つ仕事のためにMacが使えないという障壁が取り払われるのではないでしょうか。その上、iPad、iPhone対応ですから現場のワークフローなどにも変革をもたらす可能性は十分にあります。

                              Autodesk製品の中でもMaya、AliasはMac上も動作しますが(Bootcamp上で動作する3ds Maxなどは除いて)AutoCADがMacOSX上で動くというインパクトは計り知れません。

                              続きを読む

                              afplay

                                オーディオ・ファイルの間ではPCオーディオが盛り上がりを見せていますが、高音質再生といった点で従来のピュアオーディオ的なDAC、ケーブルにこだわるといった視点から徐々にPCならではといった視点に向き始めているといったような記事がPhileWebに掲載されています。

                                さて、そこに登場するafplay
                                これは通常のアプリケーションではなくターミナル上から起動するコマンドラインですが、MacOSX 10.6 Snow Leopardに搭載されたそれの音の良さが評判になっています。

                                しかし、悲しいかな、そこはコマンドライン。
                                iTunesのような利便性とは対極にあるようなものです。

                                現在は試行錯誤しながら高音質再生を探っている状況と言えるPCオーディオ周辺ですが、オーディオ・ファイルが聴く高音質音源はどのように録音、マスタリングされているのでしょうか?

                                そう、すでにレコーディングは余程特殊な場合を除いてはPCベースのDAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション)で録音されています。2Mixに落とす前、あるいはCD/SACDに焼き付けられる前の音のフレッシュさときたら、残念ながら、どんな高音質音源でも太刀打ちできないでしょう。業務用、さらにプロのノウハウがあるとは言え、これが同じPCベースで音楽を録音・再生する実力です。

                                (5月にハイエンドショウでのイベントで赤川新一さんに御協力いただき再生した「スタジオマスター」の音をお聴きになった方はお判りでしょう!)

                                コマンドラインを操作する不便さに比べればProTools HDNuendoなどのDAWをプレイヤー代わりに使ってしまえば相応の再生は可能になると思うのですが・・・(実はウチはそんな状態です)

                                さらにPCと言うからには単なるプレイバックだけでは楽しみの半分にも達していないと断言!します。

                                ご承知の通り、昨今のPCには強力なCPUが搭載されています。オーディオ用途では単なるエンコードぐらいしか想像されない事が多いんですが、その有り余るパワーをオーディオ・プロセッシングに向けたらどんなに楽しいことか!

                                DAW上にアドオンされるプラグインと呼ばれるソフトの数々。
                                伝説の銘機をシミュレートしたパラメトリックEQやコンプレッサー。
                                デジタルの極限のような位相の正確さを誇るEQ。
                                実際に存在するホール、大聖堂の響きを紛う事なく再現するコンボルーション・リバーブ。
                                辣腕マスタリング・エンジニア顔負けのマスタリング・プロセッサー。

                                これにAD/DAコンバーター、ケーブルといったオーディオ的な楽しみが加わるだけでワクワクしませんか?

                                そういった意味からもPCで高音質音源を再生すること余地はまだまだ大きいものがあるのではないでしょうか。

                                かつて有料のMP3プレイヤーが広く使われていた時代にAppleはiTunesという無料のプレイヤーを配布し、その後のiPod、iTunes Store、iPhone、iPadという流れの布石としました。

                                高音質に振ろうと思えばいつでもできるとでも言いたげにAppleがこっそりとafplayを仕込んでいるのも何かの暗示のように思えてなりません。



                                ところで。
                                Unix ? ターミナル ? という方にはこの本がオススメ。
                                Mac OS X 10.5 Leopard UNIX的システム構築

                                前バージョンの10.5 Leopard向けの書籍ですが初学者でも読みやすい内容になっていると思います。
                                Categories
                                • ライブドアブログ